FC2ブログ

ひなたぼっこ

2010 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

方程式

2010/02/14(Sun) 06:05
「~しないかん」

・・・・これって名古屋弁か?標準語だと「~しなきゃ駄目」かな?

この言葉を言われると みんなはどう感じるのだろう?



今日実家に行ってきた。帰り際に母に「ちゃんとしないかんよ。寝てばっかりいたらいかんよ」

って言われた「なんで寝てたらいかんの?」って聞いたら「夜寝なさい」って言われた


起こったことはこれだけ・・・・傍から見たらどう見えるんだろう?


その時の私の中では怒りが湧きあがっていた(一気に沸点超え~)

いつまでたってもこうだ!いつもあーせないかん!こーせないかん!!

なんでそのままの私を受け入れてくれへんの?なんで?!!!!


最初は自分が怒っていることにも気がつかなかった、胸のあたりがザワザワするだけで

急に子供たちのことが癇に障って、お説教しだして気がついた

あぁ私怒っているんだって!


怒っていることに気がついたら、少しスペースが出来たんだろう

今起こった出来事を考えてみた

きっとコタツで居眠りしている私を見て母が子供に何かを聞いたんだろう

子供がきっと母に「ママはいつも朝方まで起きていて、お昼ねしてる」とか言ったんだろう

だから母は帰り際にあの言葉を言ったんだろう・・・・母としては、おばあちゃんとしてはしごくあたりまえ


なのに私は腹が立った・・・そこにはどんなデータが働いたんだろう?

まただ!!!いつまでたっても!!!!!!・・・・これがポイントだ

過去、自分が認められていないと感じていた記憶を引っ張り出して

そこに怒りを感じていたんだ

今起こっている事じゃない

今を冷静に見つめれば、心配されていたことに気がついた

こないだ母に言われた

「あなたがいつも寝ているから、お父さんがなんか病気じゃないか?って心配してる」って



でもね(私はしつこいぞ!)じゃあなぜ、こんな勘違いをするような出来事を私はおこしたのか?

なぜ母が私に「~しないかん」って言う出来事をひきおこしたんだろう?

って考えてみた


あったよ~やっぱりあった

オリンピック関係のTVを見ていた父と母がモーグルの上村愛子さんを見て言ってた

「この世界選手権の滑りがオリンピックで出来ないかんわなぁ」

「3位には入らないかんわなぁ」

ムカッ!!!としたのを思い出した

なんで3位に入らないかんの?入らないかん人間になるの????


そうここだった

「~せないかん」「~せないかん」 そう言われるたびに

そう出来ない自分を “いかん人間なんだ”と思ってきた

そして いかん人間 にならないために、自分であーせないかん、こーせないかん

そして出来ない自分を やっぱり私はいかん人間なんだ

だから認められないんだ 愛されないんだ


こんな方程式が私の頭の中にはばっちり組み込まれていた


上村愛子さんへの言葉を聞いた時、私の頭の中にはこの方程式が浮かび上がり

そしてそこに囚われた・・・そして認められないと想像してしまうような現実を引き起こしたんだろう



全ての場所に愛はあった

私は私を愛しているから、傷つきたくないって自分を守るために過去の記憶を引き出す
(違う引き出しをあけちゃってたんだけどね)

母もまた自分を愛しているから 母親としての自分を否定しないために
子供をしつけようと思ったのかもしれない

そして私を気遣ってくれているという愛も私は感じている

そしてもちろん この方程式があると自分が苦しいよと私が私に教えてくれる愛が


「~しないかん」 私はこの言葉を使うのをやめよう、人にも自分にも

そこに愛はあるのかもしれないけれど、それはきっと人を勘違いさせるように思う

間違いなく私は勘違いをしていた


そして自分にも人にも そう言いつつけてきた自分を許そう

そうその自分も必死に自分を守ってきたのだから

傷つかないように、愛されるように、認められるように




そうだなぁ「~するともっと良くなるかも」にしようかな?


今日は長い一日だった・・・・あっ昨日か・・・・

こんなめんどくさい日記をここまで読んでくださった方へ ありがとう



気持ち コメント:2 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。