FC2ブログ

ひなたぼっこ

2010 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

押し流される

2010/06/11(Fri) 01:25
押し流されるように 色んな事が動き出しているように感じる


こないだ木内鶴彦さんのお話を聞きに行ってきた って日記にも書いたけど

その中で こんな未来になっていくと良いんじゃないかなっていくんじゃないか って

お話がありました

それは 今の 足りない って世界ではなくて 足りてる って世界


例えば 私はガラスを作ることが大好きで

それこそ金銭的に赦されるなら 毎日でも竿くわえてガラスを吹いてたい(笑)

そしたら当然自分では使いきれないくらいのガラスが出来るじゃない?

それを自慢しつつ(ここポイント) 無償で提供する

そしたらそこには 野菜を育てることに無上の喜びを感じる人が

自分では食べきれないくらいに作っちゃった野菜を提供している

パンを作ることを愛してやまない人が パンを

音楽を奏でる事を愛してやまない人が 音楽を奏でる

みんなが自分のやりたくて仕方ない事をして

自分に必要なぶんだけ必要なものをいただいて行く


余分に取っていく人がいるんじゃないか?

必要なものが手に入らないんじゃないか?

それは今の考え方

それで上手く回っていくんだ と木内さんのお話を聞いているとそう思えた


確かに 自然を見ていれば そう出来ているんだろうなぁ と思う

ハチが自分に必要な蜜を取る 意図せず植物の受粉に貢献している

動物が植物の実を食べる そこいらで排泄することによって

種をまくことになる

全ての事が絶妙な調和の中で循環している

私たちだけがその循環から外れるわけがない


すごく明るい未来を見せてもらった気がした

だって 自分の好きな事をすればいいんだよ

今までスピリチュアルな視点から 好きな事をしていけばいいって

聞いたり 本で見たりしていたけど

木内さんの話は それをとてもリアリティのある話として 3次元世界の話として

見せてくれた


そんなコミュニティを身近なところから 小さなところから始めていくと良いんじゃないか

って木内さんが言っていた


そしたら本当にもうそういう事を始めている人がいてね

そしたら自分たちでも実はそんなことやってたねぇ って事に気がついて

それを広げていけるんじゃないか ってノリノリになってる人がいて(笑)

どんな形になっていくのか 楽しみです


そう思って周りを見回してみると 色んなところで 色んな人が動いている


100mを9秒台で走れる なんて誰も思わなかった時

だれも9秒台で走る事は出来なかった

だけど9秒台で走る人が現れた時 自分にも出来るんじゃないか と思った人が

次々に9秒台で走りだした


創造もしていなかった未来を リアルに感じた時

それはうねりとなって 現実として私たちは体験できるのではなかな と思った
気持ち コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。