FC2ブログ

ひなたぼっこ

2011 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

Being

2011/02/15(Tue) 14:11
昨日 ニールの「ありのままの自分を生きる」 を読んで

思い立って 「神との対話」のHPの過去のフォーラムを見ていたら

以前私が書きこんだコメントに 管理人のnanaさんが返事をくれたのに目がとまった


>Doing 「何をするか」ではなく

>Being 「そうしている時自分がどんな存在であるか?」


あの時はあいまいだったことが 分かった気がする


ずっと なぜこんなに楽しむことが出来ないんだろう? と思っていた

私は 楽しめない とあきらめているのか?

楽しんではいけない と思っているのか?

いったいぜんたいなぜなんだ? と


かえってきた答えは 

なにものでもないのに楽しめない だった

なんものでもない人を見下し

なにものでもない自分を責め

なにものかになろとしている自分なら許せて

なにものにもなろうとしない人たちを見下す


でも その なにものかになろうとしているのが ちっちゃい自分(自我)だと気がついた

ちっちゃい自分は なにかにならなければいけなかった


何をするか? と考えているのは ちっちゃな私だった

何かをするとき これをすれば こうなれる 

そう考えてしていたのは ちっちゃな私だった


だから 無駄に時間を過ごすことを許せなかったんだ



Being 「そうしている時自分がどんな存在であるか?」

それは ちっちゃな私 なのか 大きな私なのか そういうことなのかな? と



今日 それを踏まえて ニールの本に書いてあった ワーク(なのか?)をしてきた

その時 はじめて ちっちゃな自分から 大きな自分にシフトするのがわかった

そして 大きな自分から いとも簡単にちっちゃな自分に戻ってしまうことも



小さなことに幸せを感じる そんな自分になりたい と思っていた

まだそんな感情は湧いてこないけど 希望が


と書いて あれっ? こう書いたのは もしかしてちっちゃい私か?
気持ち コメント:2 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。