FC2ブログ

ひなたぼっこ

2011 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

それ

2011/10/16(Sun) 11:17
自分が何なのか それがわからないと その存在自体に価値があると思えない

だから 外へ外へ 何かを求める


自分が それである と気がついたとき すべてがそのままで大丈夫だと感じる


けど またわからなくなる


それ は 愛 と呼ばれている

この前 愛を感じるような出来事があったのに 私はそれを受取れなかった


みっちー先生に教わったように 愛を受け取れない と大きな声に出してみる

そしたら 愛を信じていない という言葉が浮かんできた


愛を信じていない ってどういうことだろう?

って言うか 愛は なに?

愛って言うと 色んな思いがくっついてるから “それ” に置き換えてみる


私は それ だって ことはわかった



最近読んだ本に 自分がそれだ とわかったなら 自分は誰だ? ともう質問する必要はない

と 書かれていた 

それは 私は女か? 私は日本人か? と質問しているようなものだ と



私も自分が それ だ という認識はある では一体 どうして わからなくなってしまったのか???



話は単純だった じゃあ女ってなんだ? 日本人ってなんだ? ってことだ


それ が何か どういうものか わからなかったのだ

感覚としてある それ が なんなのか?



それは なんなのだろう? と自分に問うてみる


それは 一つで 目に見える 肌で感じる 耳で聞こえる 舌で感じる

そのすべてが それを表現しているものを感じる手段で


人も ものも すべてが それ を表現していて

それを感じて それが何かがわかるんだ



人や ものに見る 優しさ 強さ 美しさ かわいさ 軽やかさ 

そのすべてが それ が表現されたもので

人の数だけ ものの数だけ それは違う形で表現される まさに無限大


そして 人や ものにみた それは 私自身である ということ


そういうものを 感じることが 自分が何かを 知ること



昨日 名古屋の工房でデモ会があった 制作風景に夢中で そんなことは忘れていたけど

一人になって思い起こしてみる

私は今日いったい何を見ていたのか?


制作途中で 設備の不具合でガラスが2回も続けて割れた

こころ折れそうな場面でも 平常心でそれに対応した作家さん アシスタントさんに見た 強さ


デモ会を企画 運営した 若い工房のスタッフさんたちの情熱


すべてのものが すべての人が それ を表現していて

それは 私なんだ って思いました

そして私は私の それを 表現すればいいんだ って


それが この幻想の世界の意味かも って思いました



今日は子供会のお祭りです そこで私はどんな自分(それ)を体験できるのかな?

楽しみです いってきま~す^^
 
気持ち コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。