FC2ブログ

ひなたぼっこ

2012 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

やさしい気持ち

2012/02/29(Wed) 23:56
前の書き込みで 愛が広がったら なぜかとたんに恐れが出てきた


まったくもってなんでだかわからずに

とりあえず原因究明はやめて 怖いんだな~ とおいといた


そしたら 傷つくのが怖いんだ って気がついた

愛で行動した時 優しさで動いたとき かわされたり 批判されたり 


怖いしね 最近はすっごく自分が損している って思いが次から次へと出てきていた


それはね 愛が有限だ って思っているからそう思うんだ って教わった

情で動いているうちは そう感じるって

でも そこから愛に移行していく って


傷ついてもなお その痛みを受け入れて 自分の愛を表現できることは

喜びなんだと思った


やさしい自分では損だと思って封印していると 苦しい

優しさを 傷ついてもいいから表現できるのは なんて豊かなんだろう と思った


そう生きていこう って^^



そう思っていたら 旦那さんが話しかけてきた

自営業の友達が 今の仕事を辞めて別の仕事をしようとしているけど

どう考えたって 先がないような仕事なんだよね って


やめといた方がいいよ ってのは伝えたと言っていたけど

そこからは踏み込まない そこにどんな思いがあるのか 理解しようとは動かない


こうこうこういうことは聞いた? って聞いてみたら

そこまでは聞いてない 最近はそこまではいいや って思う って言ってた


昔から 旦那さんもお人よしだな って思っていたところがある

旦那さんも どこかで傷ついて 踏み込むことをやめたのかな?

自分の優しさを表現することをやめたのかもしれないな って

そんな風に思った


そんな旦那さんに どうアプローチしていけばいいのか まだわかんないんだけど

まずは自分がそう生きて そこで感じているものを表現していけばいいのかな? と思う



誰のなかにもあるだろう 優しい気持ちを そのまま表現できるようになったら

世界は変わるよね


気持ち コメント:4 トラックバック:0

熱い男たち

2012/02/29(Wed) 12:47
昨日の夜 いや・・・正確に言えば今日の早朝(相変わらず^^)

お風呂の中で 聖なる予言を読んでいた


偶然の一致 シンクロニシティ uokaoは よく完ぺきだね と言う

そうだねって言いつつも 日常でそこまでそういった意識を持っていなかったことに

気づき 日常でも どの瞬間も意識してみようかな? と思った


今朝 なんだか自分に少し違和感を感じていた

まだちょっとわかっていないんだけど 

そしたら てんつくマンのメルマガが届いた

後で読もう って思ったけど いや待てよ 今このタイミング なんだ

と思い 読んでみた


そしたら 今も震災復興の最前線にいる熱い男の メッセージが書かれていた

http://ameblo.jp/tentsukuman-san/entry-11178683645.html


もうすぐ 3月11日ですね


みっちーも ギャラリーで熱く握りこぶしを握っていたのを思い出す

http://lvw.blog33.fc2.com/blog-entry-1788.html


あの 大きなエネルギーのうねりの後 私も大きく変わってきた

自分の中の愛に気がついて 



では 今の私に何が出来るか?



自分の中にある やさしい気持ちに忠実に生きよう って決めたら

うざったいんじゃないか? って思いが出てきていたみたい

愛を信じることに揺らいでいた感じかな?


中心に戻ってきたら もやもやしていた原因もすっとわかってきた


熱い男たちが 引き戻してくれた^^ 本当に完ぺきだね



偶然の一致 シンクロニシティ は当たり前のように日常に横たわっているのだな

って思った 意識さえすれば

それに気がついたとき なんだろうな? 自分の中でエネルギーが・何かが動く感じがする
気持ち コメント:2 トラックバック:0

おじいちゃん

2012/02/29(Wed) 00:33
昔から 人の喜ぶ顔を見るのが好きだった


高校生のころ 姉妹と中が悪かった私は 離れにある子供部屋にいるのがイヤで

夜になるとおじいちゃんが一人になる 母屋の空いている部屋を勝手に自分の部屋にした


いつだったか おじいちゃんが町内の旅行に出かけて カラオケを歌ったらしい

それが楽しかったらしく それから家でカラオケを練習するようになった

なぜか家に 当時カセットテープをかけながらマイクで歌えるカラオケセットがあって

それで歌うものだから うるさい^^

けど おじいちゃんが楽しそうにしているのが嬉しい気持ちもあって 

三波春夫のテープが欲しいって言われたから レコード屋さんで買ってきてあげた


買ってきてあげたら さらに練習に熱が入り ちょっと後悔したけど

試験勉強するときは 1時間だけ我慢して 勉強するからそろそろ終わりにして

って言いにいったら 終わらせてくれたおじいちゃん


なんだか 書いてたら涙が出てきた^^

なんか おじいちゃんが笑っている気がする よかったな って


明治生まれのおじいちゃんが ものすごく優しいとか そんなんではなかったんだけど

けど なぜか好きだったのは 自分のなかにある 優しい気持ちを

感じさせてくれる存在だったからなんだな って思った


なんだろ さっきまでそばでニコニコ笑っている気がしてたんだけど

今はいない気がする こんな感覚は初めてだけど ホントにいたのかもしれないね^^

ありがとう
気持ち コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。