FC2ブログ

ひなたぼっこ

2012 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

楽しいを共有する

2012/09/02(Sun) 16:59
今日は 子供の学校のPTAのお役目で シンポジウムに行ってきました

市民とミュージアム・・・確かそんな題名の


ぶっちゃけ 美術館とか ましてや博物館なんて 何かの企画展でもない限り行かなくて

博物館の学芸員さんたちが いかに来てもらえるか 苦心している話を聞いて

来てもらえば楽しんでもらえる と言っているのだけれど

はっきり言って 博物館の常設展示をどう楽しめばいいのか 私にはさっぱりわからなくて


それって 興味が無い人には 1回見たらもういい ってなるよな~

と思っていたら

講演もした 南山大学の博物館館長もしている教授が 本屋さんのようなポップをつけようと思っている

と話しているのを聞いて


そうだよな~ どこの博物館に行っても 置いてあるものはあまり変わらないような気がするし

ただ それを こういう時代のこういうものか~ と見るしかなかったけど

それを楽しい! と思っている人に こんな風に見ると楽しい とか

自分はこんなところが楽しい とか言われたら 楽しいかもしれないなぁ~ と思った


学芸員の思いのこもった展示品

その 楽しいを共有する


つまんないけど お役目だから と行ったシンポジウムだったけど

何かを好きで一生懸命の人の話を聞くのは やっぱり受け取るものがあるな って思った





昨日 お風呂の中で 思った

たとえば 自分が体験したのと同じような体験をして 辛く苦しんでいる人がいたら

その辛さに共感して寄り添うことが出来る

それは 私の中にいる そのこだから


じゃあ 自分より先を歩む人の 嬉しい話を聞いた時

今までは 比べて辛くなっていたんだけど 比べないを選択したら

そこには どんな受け取り方があるんだろう? と思った

その話を聞いて 嬉しくなる とは そこにどんな考え方があるんだろう? と


それもやっぱり 私だな と思った

楽しいを表現している人がいるかぎり その楽しいは私の中にもあるのだと


どの人も 私の中にいる その人だ と思うと

喜んでいることは 嬉しいな と感じるし

辛い時は 抱きしめたくなる


その関係性が 自分の中の自分との関係性に繋がってくる
気持ち コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。