FC2ブログ

ひなたぼっこ

2019 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

つづき

2019/02/01(Fri) 18:48
と気付いたら
なんだろう もし不合格なら それは違う道が彼女にとって最善であるのだと思った
そして そちらに舵をきれば 最善の道が見つかるはずだと

必要なら 今がそのタイミングならそうなる
合格して その場で彼女に必要なことが可能ならそうなる
視野が広がったと言うことだろうか

そういう事を信じられるな と
でも 出来うるなら 望んだ場所でそれが出来るといいな と母としては思うのである。

と、ここまで書いて 娘を迎えに行ったら
なんだか すごく平気そう 朝迷子の子供みたいな顔してたよ と言ったら
あれは初めての場所で 不安だったと言う ホントの迷子状態
会場に入ったら 謎の自信が出てきた と

反映としてそうなったのかもしれないし
私の中の迷子の私を見せるために そう見えるような現実を作ったのかもなと思った

兎にも角にも あと5日 私も頑張ってサポートします




気持ち コメント:0 トラックバック:-

ありがとう

2019/02/01(Fri) 15:32
今日から6日間娘の大学入試が続く
さすがに6連ちゃんは大変だろうと思い、片道約1時間の距離を送迎することにした

今朝 娘を送って行く時 私も娘も 極度の緊張状態にあったと思う
昨日の東京ワークで 少し緩んだとは言え いまだ不安の中にいた

初めて行くキャンパスだったため 入口が分からず不安そうだったので
近くに車を停めて キャンパスの入り口まで歩いて行くと 入り口に受験者以外立ち入り禁止 の張り紙があったので
じゃあここで と言った時の娘の顔が 思い出すと今でも涙が出てくる

まさしく 昨日東京ワークで師匠に言われた 迷子になった子供のような顔をしていた
なんとも言えない気持ちで車に戻って 走り出した時
私の中から あれは多分おそらく…どんだけ自信がないんだか 愛が溢れてきた

不安で見えなくなっていた 娘が見えてきた 彼女の優しさや 超えてきたもの
あぁ 大丈夫だ そう思った

そう思ったんだ、その時は
だけど やっぱり小さくなったけど不安はあって それはもうそういうものかな と思っていた
だけど、確かに私の中に愛を感じた それはきっと私を支えてくれる そう思って

家に帰って 家事をしている時 また娘のあの顔が浮かぶ
また、私の中から愛が溢れてきた時
もし仮に 合格しなかったとしても 彼女が納得するまで 一緒に彼女の進路が決まるまで付き合おう と思った

その時わかった
私は 不安を受け止められなくて 一刻も早くその不安から逃れたくて
この試験で合格して終わってほしい と思っていたんだ と

その覚悟が決まったら 不思議なほど 不安は無くなっていた

師匠が言っていたことがわかった
肯定性を信じていないと 恐れは受け止められない と

何があっても大丈夫な自分がそこにいないんだから
これでやっと娘に心から言ってあげられる 何があっても最後まで一緒にいるから大丈夫だ と




気持ち コメント:0 トラックバック:-

桁違い

2019/02/01(Fri) 00:06
急遽決まった自分力東京ワークに行ってきました
色々ありましたが 一番感じたのは 桁違いの優しさ

なんだか、思い出すだけで涙が出そう

感じる コメント:0 トラックバック:-
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。