FC2ブログ

ひなたぼっこ

2019 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

恐怖

2019/04/30(Tue) 00:07
引き続き体調は悪い
そして 鼻づまりの息苦しさから 昨日の夜中パニックになりそうになった

暗闇の中で 目が覚めた時 息が出来ない恐怖に襲われた
息は浅いけど出来ているけど 一度感じた恐怖によけい息が浅くなって苦しい
怖い! 恐怖に襲われた時 私を支えてくれたのは 師匠達の体験談だった

桁は違うけど 師匠達が体験してる

私は愛だ これにも肯定的な意味がある… 私は愛だ 私は愛だ
それを言うことがどう繋がるのかさっぱりわからないけど
とにかく何度も何度も呪文のように唱える
見えないサポートも必ずいるはず 大丈夫

1時間くらいそんなことをしてた気がする その後なんとか寝れたけど
昼間も 不意に恐怖を感じる まだ寝るのがちょっと怖い


感じる コメント:2 トラックバック:-

3日後ってどうなん?

2019/04/28(Sun) 21:35
そして3日後に痛みが出ると言う(^^;
本日 身体のあちこちが痛み おまけに風邪気味で鼻が決壊

からの 娘が明日提出の課題があるから ワードを教えてくれ と
だけど イライラしつつ なんだかそれでもいいのだと
心の奥のほうが穏やかなのだ

否定しなければ こんな風に感じるんだな

感じる コメント:0 トラックバック:-

この道を

2019/04/27(Sat) 22:52
今日 今月の自分力ワーク4日間が終わりました

とても軽くてスムーズな 新しい波動に 抵抗する自分がいるのも感じつつ
とても心地いい 満たされた時間を過ごして

仲間が言っていた この道を行くんだな ってか この道を行っているんだな と感じました
この感じているものが現実を創るんだと 信じていこうと


ワークが終わって 帰り支度している時 今日誕生日の娘が帰ってきて
みんなで誕生日と そしてこの春の大学入学のお祝いをしてくれました

なんだか 暖かくて 優しくて 嬉しくて
すごく愛を感じました

ありがとう
感じる コメント:0 トラックバック:-

女性性

2019/04/19(Fri) 07:24
昔から歴史ものが好きで 和物や洋物関係なく 大河ドラマのような
歴史ものの漫画も良く読む

最近 トルコの後宮が舞台となっている漫画を読んだ
日本の大奥もそうだけど 1人の皇帝に 何人もの側室
そこには権力も絡んで 皇帝の寵を奪い合う女性達がいる

概念では 複数の人を愛する事がいけない とは思わない でもこの後宮は変だよな と
何が違うのかな? と考えてみると 女性側には自由がない事だな と

女性側にも男性と同等の選択権があればいいんだよな と思った時
女性には力が無い と それがもう疑いようも無いほど当然のように語られ 扱われ
男性性こそが力で… そう刷り込まれているんだ と

最近何度か目にした 性的虐待で男性側が無罪になるケース
なんでこんなことが起こっているんだろう?と思っていたけど
女性性には 力がない そこに価値などない としてきた 古い男性性の反発かもな と思った

ずっと続けているアファメーション
優しさや思いやり 肯定的なものに力がある と信じます

それは 女性性がもつ力で
それは 広くて 大きくて 包み込むような 芯のある それゆえ強い 優しい力だな って感じる

それがベースにある世界を私は強く望みます
を、まず自分からって話だよな


感じる コメント:0 トラックバック:-

ダンデライオン

2019/04/16(Tue) 09:45
fc2blog_20190416092358288.jpg

で 昨日は公園に行ってきた
ゴロッと クルミやドライフルーツがいっぱい入った ハード系のパンが食べたくて
パン屋に寄って コーヒー持って

ゴルゴンゾーラとクルミのパン ちょ〜うまかった

タンポポとうす紫の小さな花が 芝生のあちらこちらで咲いていて
なんとなく あのワークで感じた 天国の時間を思い出す

あそこまでの感覚は無いけど 思考を止めて座っていると
そこに感じる波動に あって行くように感じる

心地いい環境 ってのも大事なんだな と改めて思う

今度は 久々にカメラ持って出かけようかな
メリハリを学んでいるのかな〜 今日は一日 演奏会の練習気分



たのしいこと コメント:0 トラックバック:-

何かが

2019/04/15(Mon) 01:18
ここ数日ずっとランチを食べに行きたかった
ランチを…と言うか お昼に美味しいサンドイッチか何かを食べながら
ボーっとコーヒーを飲みたかった
そこに出かける途中 広い空を見ながら運転してるイメージが浮かんでた

今日 子供達を誘って それを実行してきた
空は曇り空だったし 子供もいたから ボーっとの時間は短かったけど
なんだか その後すごくやる気

ギターの練習をして 夕ご飯後からキーボードの練習
smoke on the water の音源聴きながら 新しい楽譜2つツギハギして
やっとこれでいいかな って楽譜が出来た ただ今夜1時 でも元気

で まだ外に出たい感じが残ってる
広い空を見ながら ボーっとコーヒー飲みたい感じ

そういう時間って 今までリラックスしきれない って言うか
手放しで委ねる事が出来なかったように思う

このことだけじゃなく 楽器をしている時 家事をしている時
少しずつ 何が ってはっきりはしないんだけど
何かが その時間の受け止め方と言うか そんなようなものが
少しずつ 変わってきているように感じる

なんだろ なんだか肯定的な感覚を感じている




感じる コメント:0 トラックバック:-

寂しい

2019/04/07(Sun) 02:57
昨日の夜 急に強い寂しさを感じた
仲間の1人に言っていた依存は 私の中にあって
それを 手放さざるを得ない現実を創ったのは 私だ

他に依存したい自分もいるし 寂しさを何とかしようとする自分もいるけど
寂しいまま 自分で自分を満たせることを信じて模索してみる


一昨日から smoke on the water を見直している
音色を見直して何度も音源を聴いていたら 演奏も見直すはめになった
演奏していて感じていた違和感
楽譜通りだと何かが違う

ここにきて 覚え直しか? しかも楽譜通りじゃないって…
と言いつつ 楽しい これで合わせたら(≧∀≦)
しかしギターも練習したい あぁ〜

なんてことをしていると 寂しさは感じない
これが代替え案である可能性もあるかな

と書いて思った
私は意識であったこと そこに帰らなくては そして自分が何をしているのかを思い出す








気持ち コメント:0 トラックバック:-

風のようにうたが流れていた

2019/04/05(Fri) 15:38
一昨日 毎年クリスマスに放映される 小田さんの クリスマスの約束 が
今年は 春に放映された 風のようにうたが流れていた
関東地方では3月29日 名古屋では4月4日

ここ2年くらい 同じメンバーと ゲストが1人2人
去年は例年ほどすごく見たい と思わなかった

今年はどうだろう? もう以前のような小田さんへの想いはないのかな? と思いながら昨日録画を見てみた

予想は良い方に裏切られ 凄く良かった

やっていることは例年と変わりなかった けど なんて言うんだろう
受け取るものが変わっていた

小田さんが 凄く楽しそうだった 共に音楽を楽しめる仲間と 自分の曲とは違う
好きな やりたかった曲をやる
小田さんの楽しいが伝わってくる それが嬉しくて楽しくて
あっと言う間に番組が終わってしまった

終わった後 猛烈に泣けてきた
あの涙は 先々月グループワークで 流した涙と 同種のように感じるのだが
あれはなんなんだろう

例年の番組が クリスマスではなくなり しかも名古屋での放映が昨日だったことは
私にとって 絶妙なタイミングだったと感じている



感じる コメント:0 トラックバック:-

見ていたもの

2019/04/05(Fri) 11:34
初めてそう認識したのは 何年も前に東京のワークに行った時だったと思う
ワークの翌日 師匠とパートナーのみえこが 名古屋から来た3人…だったかな?…と
一緒に東京ぶらりをした

ワークで無い時間を師匠と1日過ごしたのは 初めてだったと思う
たぶんそこで ワークの時とは違う視点で 師匠を見たんだと思う

あれはなんでだったのか覚えてないけど たしか師匠はヘロヘロだった
それでも 私たちにつきあってくれたり
駅の改札近くで つい固まって止まっていた私達に 通行人の邪魔になるよ と気づかせてくれたり
小さな 一見とても普通のことのような色々なこと

そこに何かを感じて それから私は師匠の在り方をずっと見ていたと思う
仲間のセッションに同席するようになって 最近気づいたのは
あんなに 師匠が何も無い日に 何してるのか聞いてるのは 私だけかもしれない

先月のセッションで 仲間のセッションで話されていた 意識の拡大 がヒットした
その後の自分のセッションで 私の視点が狭かったことがわかった

そこに師匠の広い視点が入ってくる
今までは その出来事の対応策 として その視点に変えてきたけど
それだけじゃ無かったんだな と思った

師匠のその視点がどこからくるのか
どこから そういう視点が生まれてくるのか

今までは わけもわからず 頭の理解で コピーするように 師匠と同じようにしてきた
それはきっと 応用力の無い 頭でこうした方がいいと言う力技だったように思う

それが出来ているかは置いといて
どこからそれが生まれているのか それがわかった気がする

昔よく それはずっと自分の中にあった って言葉を聞いた
そんな感じもする

私はここで生きたい
私は意識で その意識を拡大して生きたい

感じる コメント:0 トラックバック:-
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。