FC2ブログ

ひなたぼっこ

2019 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

風のようにうたが流れていた

2019/04/05(Fri) 15:38
一昨日 毎年クリスマスに放映される 小田さんの クリスマスの約束 が
今年は 春に放映された 風のようにうたが流れていた
関東地方では3月29日 名古屋では4月4日

ここ2年くらい 同じメンバーと ゲストが1人2人
去年は例年ほどすごく見たい と思わなかった

今年はどうだろう? もう以前のような小田さんへの想いはないのかな? と思いながら昨日録画を見てみた

予想は良い方に裏切られ 凄く良かった

やっていることは例年と変わりなかった けど なんて言うんだろう
受け取るものが変わっていた

小田さんが 凄く楽しそうだった 共に音楽を楽しめる仲間と 自分の曲とは違う
好きな やりたかった曲をやる
小田さんの楽しいが伝わってくる それが嬉しくて楽しくて
あっと言う間に番組が終わってしまった

終わった後 猛烈に泣けてきた
あの涙は 先々月グループワークで 流した涙と 同種のように感じるのだが
あれはなんなんだろう

例年の番組が クリスマスではなくなり しかも名古屋での放映が昨日だったことは
私にとって 絶妙なタイミングだったと感じている



感じる コメント:0 トラックバック:-

見ていたもの

2019/04/05(Fri) 11:34
初めてそう認識したのは 何年も前に東京のワークに行った時だったと思う
ワークの翌日 師匠とパートナーのみえこが 名古屋から来た3人…だったかな?…と
一緒に東京ぶらりをした

ワークで無い時間を師匠と1日過ごしたのは 初めてだったと思う
たぶんそこで ワークの時とは違う視点で 師匠を見たんだと思う

あれはなんでだったのか覚えてないけど たしか師匠はヘロヘロだった
それでも 私たちにつきあってくれたり
駅の改札近くで つい固まって止まっていた私達に 通行人の邪魔になるよ と気づかせてくれたり
小さな 一見とても普通のことのような色々なこと

そこに何かを感じて それから私は師匠の在り方をずっと見ていたと思う
仲間のセッションに同席するようになって 最近気づいたのは
あんなに 師匠が何も無い日に 何してるのか聞いてるのは 私だけかもしれない

先月のセッションで 仲間のセッションで話されていた 意識の拡大 がヒットした
その後の自分のセッションで 私の視点が狭かったことがわかった

そこに師匠の広い視点が入ってくる
今までは その出来事の対応策 として その視点に変えてきたけど
それだけじゃ無かったんだな と思った

師匠のその視点がどこからくるのか
どこから そういう視点が生まれてくるのか

今までは わけもわからず 頭の理解で コピーするように 師匠と同じようにしてきた
それはきっと 応用力の無い 頭でこうした方がいいと言う力技だったように思う

それが出来ているかは置いといて
どこからそれが生まれているのか それがわかった気がする

昔よく それはずっと自分の中にあった って言葉を聞いた
そんな感じもする

私はここで生きたい
私は意識で その意識を拡大して生きたい

感じる コメント:0 トラックバック:-
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。