FC2ブログ

ひなたぼっこ

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

原料は愛

2009/05/21(Thu) 00:01
                      怒  り
ガラス29
原料は愛





この前のセッションで先生が怒っていた

最初怖かったんだけど、帰るころには恐怖は消えていた

その時は何でなんだかちゃんとわかっていなかったけど・・・



私には今小1の息子がいる

小3の娘よりいろんな事がスムーズに出来なくて、私はよく怒っている

出来ない息子を怒っているのだけれど

そこには出来て欲しいという(まぁ自分勝手ではあるけれど)愛がある


私はよく飲食店でアンケートを書く

ひいきにしているお店の味が落ちたときや、店員の態度がイヤだなって思ったとき

こんなんだともう来たくないな、でもできれば以前のお店に戻ってくれたら

また来たいのに・・・そんな思いで書く

それをうちの旦那さんは不思議がる・・・クレーマーとか言われるときもある

まずくなったのならもう来なければいいだけじゃん・・・と言う

私と旦那さんの違いは、そのお店に対する愛じゃないかと思った


たとえが悪かったかなぁ?

だから先生が怒ってくれたそこには愛があったのだと思う


怒りだけじゃない

悲しみも
恐れも
不安も
喜びも
楽しいも

総ての感情のなかに“愛”が入っているのではないかと

愛しているからこそこれらの感情は生まれてくるのではないかと


だから何を感じてもいいのではないかと・・・


まだまだ未熟者の私の思ったことだから、

あきれてマンゴージュースのコップを落としてないといいけど



ガラスと気持ち コメント:1 トラックバック:0
コメント:
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/05/22 12:25 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→https://hinatabokko261.blog.fc2.com/tb.php/106-f533200f
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。