FC2ブログ

ひなたぼっこ

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

お小遣い

2010/02/01(Mon) 08:26
ここのところの息子の流行りは ベイブレード

昔のベイゴマの現代版みたいなものです

テレビのアニメで放映されていて、強いキャラのもっているベイブレードは

人気であっという間に店頭から消えてしまい

ネットやリサイクルショップでプレミア価格で売っているのです


彼は昨日手持ちのDSのカセットをリサイクルショップで売り

そのお金でさっそくプレミアベイブレードを手に入れてきました

その嬉しそうな顔


息子はものに対する執着がすごくあります

何かが足りないからものにその代わりを求めるんだ と

今までそういう息子を否定していました・・・結局そういう自分を否定していたのですが

欲しいものは欲しい 足りないものは足りない のだから、そこにどんな思い込みが働いていようと

まずはその気持ちを受け入れるところからですね


昨日息子は誕生日でもクリスマスでもない時に、自分のいらなくなったものを

手放すだけで自分が欲しいものを手に入れる という経験をしました

今までは 特別な日 苦労して手に入れたお金 という

高いハードルを経て手に入れたものを

息子の満面の笑顔を見たとき、それでいいんじゃないかな?と思いました

苦労しなくても楽しく欲しいものが手に入る現実

だからってホイホイなんでも買ってあげるわけではありません



そんな気持ちになった後、ふとお小遣い制度も見直してみようかな? と思う出来事がありました

我が家は基本のお手伝いを毎日することで定額制のお小遣いを渡しています

ただ1年生の息子と3年生の娘では金額が違います

今までお姉ちゃんは3年生なんだから高いんだよ、お姉ちゃんの1年生のときは

君と同じ金額だったよ と何度説明しても彼の中ではいつも自分が少ないという思いが消えませんでした

そしてそんな彼を責めていました

でも、確かに今現在を見れば同じお手伝いをしているのに(2種類のお手伝いを交代で)

出来栄えも変わらないのに・・・金額が違う・・・確かに納得いかんな


最初 不公平感があるなら、いっそ無しにしてしまえば公平じゃん! と極論に走りそうになりましたが

それは・・・楽しくないですな、ハイ

でも出来高制にすると、気分が乗らない時はやらない っていうのは私がやだなぁって思って

基本給+残業代 みたいにしよう! って

今までのお手伝いは1月やって100円・・・これが基本給

基本給分の働きが無ければ 他の労働をしても無し

基本給分の働きをして、ほかの労働もすれば過給されていく方式

これだっ!!!!


さっそく今朝子供たちに話してみたら、もともとお手伝いを良くしてくれるお姉ちゃんは

基本給が今までもお小遣いを大幅に下回ることには全然問題は感じていなくて

むしろ毎日洗濯物をたたむとひと月で○○○円!に二人とも大興奮


息子の頭の中はきっと高額なお小遣いを手に入れて プレミアベイブレードを

手にした自分の姿が思い浮かんでいるんだろうなぁ って顔をしていました


苦労をせずに手に入れる・・・とはちょっと違いますが

それが今の私のテーマでもあるなぁって感じています


自分の望みは努力や苦労なくしては手に入らない という思い込みから

自分の望みは楽しいことをしているだけで手に入る への書き換え

それが出来れば、もうちょっと違うお小遣い制度が出来るかもしれません

それとも、このお小遣い制度を子供たちが楽しく感じてくれるかもしれません

それは私次第

自分を見つめながら、ことの成行きを楽しく見ていきたいと思っています




気持ち コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→https://hinatabokko261.blog.fc2.com/tb.php/268-1fb5dd40
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。