FC2ブログ

ひなたぼっこ

2020 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

ありがとう

2020/03/25(Wed) 14:25
あれはもう昔レベル 仲間のuが 壁を超えて東京に行く時 強い恐れを感じていた
大丈夫 と言う私に 全然大丈夫と思えない… と
そりゃそうだよな その感覚があって言ってるわけじゃなかった すごく未熟だったし

じゃあ どうしよう…と考えた
確か 行けるかどうかも不安定な状態だった
で、どういう選択をしても 私はそれを受け入れるよ 確かそんな事を言った
そして その選択を全力でサポートしようと思った

こないだ 東京のMと セッションの時間のやりとりをしていた時
会える事を祈っとく と書いたら どうも投げやり〜 と返信が来た
確かに… 他に意識が向いていた
ちゃんとそこに意識を向けて 自分の祈りを伝えたら パワフルだと帰ってきた


“ありがとう”という言葉を よく言うし言われる
言われる時に違いを感じる それはなんだろう?と考えた
それは どれだけそこに意識が向いているか なんじゃないかな?と思った
心を込めているか 寄り添っているか とも言うかな

前述の2例もそう
そして いつも私が発している ありがとう は そこまでのものじゃなかった
ありがとう と思っている それがほとんど

ありがとう を受けた相手が ありがとうを受けるまでに至った行動 在り方
そこまで意識し 感じたありがとう はやっぱり パワフルなんじゃないかな と

そして それはそのまま自分に向くと思った
自分がそこに至るまでにしたこと した選択
そこまで意識が向いてなかったんだろう

ちゃんと選択しようと思った 自分の為にそれをするのか?
それは 本当に愛なのか?
そして自分のしたことをちゃんと受止めよう
そしたら 相手は関係なくなる
なくなるが、そのキャッチボールが心地よいものになったり
広がっていく ということはあるのかな とは思う





感じる コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。