FC2ブログ

ひなたぼっこ

2019 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

Now is the TIME

2011/02/06(Sun) 13:41
みじめであることが幸せ

そんなわけあるかい!!! とずっとそう思ってきたけど

これが府に落ちた時 身体の中で何かが喜んでいるのを感じた





こないだテレビで 多重人格のお母さんとその娘さんの話を見た

多重人格と言えば 昔ビリーミリガンの話もテレビで見たことがあることを思い出した

詳しいことはあまり覚えていないので あくまで私の認識での話だけど


多重人格とは 幼少期に耐えられないほどの辛い体験をしたとき 自分を守るために

別人格を作り出す 

テレビのお母さんも ビリーミリガンも 苦しみに意識が向いたときはその担当の人格

みたいな感じで ある人格が出てきた


それを見たとき その人格は 本来の人格を苦しみから守るために作りだされ

そしてずっと苦しみを担当してくれている

だけど 本来の人格は苦しみに耐えられないから その人格を別のものとして切り離している



私がずっとしてきたことは そういうことなのかな? と思った


ビリーミリガンは それぞれの人格を統合していった

本人はひとつになったわけではなく 多重人格のままある人格が他をコントロールしている

と言っているらしい



今まで みじめな自分を受け入れる とか 手放す とか 難しいし 苦しかった

それはやっぱり排除しようとしていたんだなぁ って思う




もうひとつテレビのお話(テレビすきやなぁ~)

昨日 引田天功が言っていたのが ドンピシャだなぁと思って

“Now is the TIME” ~今がその時~


私 焦ってたんですよね みんな一緒にって言いながら みんなより先に!って

でもね やっぱりそれぞれにタイミングがあるんだ って このブログを見て思った

http://ameblo.jp/lib-yottsu/entry-10727400987.html


今上手くいかなくて 何のためにやっているんだろう? と思うようなことも

私が過去 ビリーミリガンの話を見たのが 今の私に必要だったように

その時がかならず存在するんだな って


引田天功のお話は ある伝統ある劇場で一度も使われることなく ずっとず~っと眠っていた桜の緞帳を

日本人で初めてその劇場に出演する引田天功のショーに使われることになった時

そこの支配人が言った言葉だそうです すべてのことにその時は来るんだって


だから 今出来ることをして そして待とうって決めました
気持ち コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→https://hinatabokko261.blog.fc2.com/tb.php/559-91976f9a
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。