FC2ブログ

ひなたぼっこ

2020 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

そろそろ責めずに生きたいな

2009/04/19(Sun) 11:15
花粉症が・・・また出てきた涙

治ったかもって大口叩いたのに・・・またなるなんて

ダメな自分をさらけ出すようで、“自分と繋がれば出ない”と

いい格好をするために、花粉症を撃退しようとしていた

花粉症を治すために、自分と繋がることをしてきたんじゃないのにね

いつの間にか、出来てる自分を誇示するためにいろんな事をしていた


ここずーっと、自分を感じられないでいた

そんな自分がまたまた嫌いになっていた

昨日“今の私”って題名で、今の等身大の私の思っていることを書き連ねてみた

そしたら・・・・・すんごい、自分を責めまくっていた

はは・・・心が重くなるわけだよjumee☆faceA76


出直し・・・軌道修正して、ぽろぽろぽろぽろ落としていたものを拾い集めよう

そんで、もうそろそろ“自分を責める”のをやめよう

つらいだけ・・・認める作業はつらいだろうけど・・・必ず心は軽くなる




そんな私が今日見つけた詩です
生命は       吉野弘(『贈るうた』)


生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も  あるとき
誰かのための虻(あぶ)だったろう

あなたも  あるとき
私のための風だったかもしれない

*************************

本当に自分自身でいるときに私は虻や風なるのだろう

虻や風になろう・・・それを目的に自分と繋がろうとしていたことが間違っていたんだ

私は私の蜜をもとめて、進んで行けばいいんだね

そしたら知らないうちに花粉を運んでいるんだ
心と体 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→https://hinatabokko261.blog.fc2.com/tb.php/64-1e3735f3
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。