FC2ブログ

ひなたぼっこ

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

グレーゾーン

2011/05/07(Sat) 08:18
グレーゾーン 私にはなかなかこれが難しいんだなぁ~

ガラスでも 熱しすぎ! と言われると かっちんこっちんで作業できないくらいで

作業台に戻ってくるし

今度は 覚めすぎ~ と言われると ぐにゃんぐにゃんで 制御できないくらいで

作業台に戻ってくる

ほどほど とか ちょうどいい感じ がなかなかわからない


それって 感覚じゃなく 頭を使って生きてきたからだろうなぁって思う

頭で じゃああと何秒くらい? なんてしてしまう

もともとのガラスの温度や ガラスの大きさ ガラスの薄さ

それによって熱し加減なんて 同じであることなんてありえないのだから

自分の感覚だけがたよりなのだ


で、スピリチュアルな気付きを得ても す~ぐ頭オンリーで活用しようとするんだね

頭で理解したんだから 次は感覚使え ってんだ!(自分への叫び)


こないだも 繋がり について書いたんだけど

外に繋がり求めて何が悪いんじゃ????

そっからホントは繋がっているってわかっていく人だっているじゃないか

どんだけ外でそれを体験しても わかんない人は 自分が信じてなかったら駄目だって自分で気づく


その時どうしたいかも それを求めてきた人にどうしたらいいかも

結局自分の感覚しかないんだな って思う


だから何だってあり


なんだってありなんだから 頭使ったって大丈夫

いけないことじゃない

ただガラスと同じように それだけじゃ上手くいかないから

気づいたら おぉ~ またやってたよ これじゃあ上手く作れない

感覚感覚 って思いながら竿を回す ・・・ガラスの話になってら




こころも 体も 竿回しも(笑) ゆる~く 柔軟でありたい
気持ち コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--ジュエル~宝石~--

i_paceです(*´▽`*)お久しぶりにオジャマします♪

ここの文章を読んでいて、
「これ、ガラスじゃなくて、
鍛冶職人だったら、いい仕事してるのになぁ(゜ω゜*)!」
って思いました(*´艸`)ウフッ♪

鍛冶仕事の場合、
[もう無理~!]って所まで、金属をよ~く熱して、
次は水で[ジュワワワワワァ~!]って冷やして、
カンカンたたいて、
その対極を経験させればさせるほど、
合わせた金属同士が調和して、
強くて質のいい金版が出来あがるんです(*´▽`*)

ハッΣ(゜ω゜*)!!
もしかして・・・ひろこさんてば刀鍛冶氣質Σ(゜◇゜*)!?
か・・・・・かっこいぃ( ̄□ ̄;)!! ←(すでに空想の世界)

でも、本当のところは、
ひろこさんだけが知っている(*´ω`*)♪
宝石には沢山の面(カット)がある。

あなたという宝石の1面を、私の視点から
見させてくれてありがとうございました☆
♪(*^ω^)キラリンチョ☆
by: i_pace * 2011/05/07 11:44 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

i_pace さん
ありがと~ 鍛冶職人^^
でもコツコツが嫌いなんです 同じ作業を続けるのも嫌い(笑)
こんな切り口できた人は初めてです
面白い
そうですね 短所とおもっていることも
長所になりうる ってことですね(あれっ違うこと言ってる?)
by: ひろこ * 2011/05/07 18:51 * URL [ 編集] | page top↑
--好きこそ、ものの、上手なれ。--

ちがくないよ~ぅヾ(´▽`*)☆
そもそも短所って「長所の行き過ぎ」の
ことだもん(*^▽^*)♪

継続は力なり…なんて言うけど、
それってコツコツ努力することじゃなくて、
実は、ただただ、
「好きなものを好きでいつづけること」(´ω`*)♪

そこに向かって歩いて行くうちに、
だんだんと、その「好きなもの」が
自分の本質になっていくんだよ(*´▽`*)染☆
by: i_pace * 2011/05/08 13:50 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

i_pace さん
ありがと~
そうですねガラスが好きだから 感覚を磨きたいって思えます
それは精神世界にもとってもやくにたってます
楽しくもなく感覚を磨くのではなく
楽しいから磨きたい そう私の魂が導いてくれているんだなぁと感じます
右脳と左脳のバランスをとろうとしてるのかなぁ~なんて^^
by: ひろこ * 2011/05/08 14:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→https://hinatabokko261.blog.fc2.com/tb.php/658-e1fa1007
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。