FC2ブログ

ひなたぼっこ

2020 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

おじいちゃん

2012/02/29(Wed) 00:33
昔から 人の喜ぶ顔を見るのが好きだった


高校生のころ 姉妹と中が悪かった私は 離れにある子供部屋にいるのがイヤで

夜になるとおじいちゃんが一人になる 母屋の空いている部屋を勝手に自分の部屋にした


いつだったか おじいちゃんが町内の旅行に出かけて カラオケを歌ったらしい

それが楽しかったらしく それから家でカラオケを練習するようになった

なぜか家に 当時カセットテープをかけながらマイクで歌えるカラオケセットがあって

それで歌うものだから うるさい^^

けど おじいちゃんが楽しそうにしているのが嬉しい気持ちもあって 

三波春夫のテープが欲しいって言われたから レコード屋さんで買ってきてあげた


買ってきてあげたら さらに練習に熱が入り ちょっと後悔したけど

試験勉強するときは 1時間だけ我慢して 勉強するからそろそろ終わりにして

って言いにいったら 終わらせてくれたおじいちゃん


なんだか 書いてたら涙が出てきた^^

なんか おじいちゃんが笑っている気がする よかったな って


明治生まれのおじいちゃんが ものすごく優しいとか そんなんではなかったんだけど

けど なぜか好きだったのは 自分のなかにある 優しい気持ちを

感じさせてくれる存在だったからなんだな って思った


なんだろ さっきまでそばでニコニコ笑っている気がしてたんだけど

今はいない気がする こんな感覚は初めてだけど ホントにいたのかもしれないね^^

ありがとう
気持ち コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→https://hinatabokko261.blog.fc2.com/tb.php/947-1e2a9705
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。